So-net無料ブログ作成
検索選択

アウトー! [サモア]

今朝の全体朝礼での出来事。


ホールの檀上に植物が飾られていた。

校長の話が一通り終わった後、「この飾りとてもいいな。そうだよな?」

って校長が生徒に聞いた。

生徒はみんな「いいですー!」

と声を揃えて答えるなか、ぼそっと「普通。」とふざけて答えてしまった生徒が一人。

おれには全然聞き取れないくらい小さい声だったのに

その一言を聞き逃さなかった校長。


「あぁん、誰だ今、普通って答えたやつは?立てコラ!」


素直に立ち上がる生徒。

校長はその生徒の隣に座っていた別の生徒に

「そいつをビンタしろ」

思いっきりビンタを食らわせる生徒。。。

のけぞる生徒。。。



なんちゅう光景だ。申し訳ないけど笑ってしまった。

笑っちゃいけないのワンシーンをみてるかのようだよこれじゃ。



でもこれがサモアの学校の実態。

大人が絶対。体罰はしつけのうち。

小さいころから親に叩かれて育ってて、普段から生徒同士もふざけて叩き合ってるから

ちょっとやそっと殴られただけじゃ全くこたえない。




しかし、生徒に生徒を殴らせる体罰は初めてみた。新しい。



Good Bye 2011 Classes [サモア]

今週で今学期の授業すべて終了!!!

生徒に教えることは全部教えたはず。
あとは彼らが何度も復習して全国模試に臨んでもらえれば
きっといい結果が期待できるでしょ!
ほんとにほんと理想ではあるけど、全員試験受かってほしい。

今年の頭は、ほんと何も知らず、ゲームで遊んでばっかで
アホガキかお前はっ!ってやつが、
期末の総合成績でクラス5位にまで成績を上げた生徒がいて、
なんだか涙が出ます。

IMG_5533_R.JPG



IMG_5624_R.JPG

全国模試まであと1週間、生徒よ、Hang in there!!!




それにしても次の授業が始まるのは来年2月の頭。
その間3か月半。。。おろろ。
無職に放り出された感じ。

男30歳人生初のこんな時間の持て余し方。
仏門に入って悟りを開きにいきますか。



いやいや、うそ。やることはたくさんある。
むしろこの休みの最中にどれだけやるかが、おれの活動を大きく左右すると思う。

作成予定のドキュメントはここで作ってしまう。
カウンターパートへの技術移管もこの期間が要。

コンピュータドネーションも、他校コンピュータメンテナンスサポートも、
やりたいことだらけ。

後、希望生徒にEmailとFacebookアカウント作るっていう課外授業しなきゃ。
彼らが卒業した後もおれがサモアを離れた後も
おれとつながれるようにしてあげたい。



でも気分はもうタスマニア!

Delicious food, Good Music, Great nature, Meeting up with JOCV in another coutry.

足がこそばゆい [雑感]

さっき飯食ってる最中、左足がこそばゆいと思ったらゴキブリがたかってた。

食後、そいつが部屋をぶんぶん飛び回ってた。


どちらもそんなに気にならない自分がいる。



隊員のほとんど(?)はそうかもしれないけど、

途上国にいるとゴキブリに対する耐性がかなりつくんですね。

サモアの女性隊員でもゴキブリをティッシュで生け捕りにする子もいるくらい。

そもそもやつら、なんの害もないからね。

なのにあんなに毛嫌いされて、実はかわいそうなやつなんじゃ。

学校にたまにいる、生理的に受け付けないといわれていじめられてる、

そんなやつと同じなんじゃ。


日本にいた時は、ゴキブリの気配を感じただけで臨戦態勢に入って、

殺虫剤を片手にしてたけど、もうそんなことはしないことにした。



ちょっとした虫だろうと、なんだか殺すのはかわいそうだから

極力生け捕りにして外に逃がしてあげるというのが最近のモットー。

不殺生。うん、仏教徒。

来世があるかなんて知らないけど、六道輪廻があるならまた人間界に転生したいものです。

正直、現世だけで精一杯ですが。



サモア人の多くはキリスト教的な死後の世界があると考えています。

転生ではなくて、次の世界。主と共にある世界。

サモア人に信じてるかってたまに聞かれるんだけど、とても答えに困る。

こればっかはわからないとしか言いようがないです。

宗教論は難しいね。




何はともあれ、スプレーでプシュっと殺されるゴキブリには生まれ変わるのは勘弁ってことです。



僕が旅に出る理由 [Musics]

今年も日本ではフジロックやら、サマーソニックやら、
メタモ(中止だけど)やら、AIR JAMやら、朝霧JAMやら、
でっかいフェスがどんどんと開催されていってて、
そんなニュースやら友達のつぶやきを尻目に、
サモアでは毎日ズンズカズンズカピコピコピコピコ鳴ってる
腹立たしいくらいに陽気なサモアンミュージックが耳に入ってきて、
いよいよ堪忍袋の緒も切れかかってきてるんだぞおれは。ってね。

正直サモアンミュージックは苦手。しかもかなり。

昔から伝わる伝統的な歌はすごい好きです。
ギターで弾き語りなんかしてもらうと南国の風を感じます。
サモア人のドラム叩くセンスもすごい好きです。
彼らリズム感は結構なものを持ってる。

ただ巷で流れている流行歌みたいなやつのクオリティとセンスったら
そりゃぁもう全くない。なんすかあれ。
日本のヒット曲を狙ったよくある量産式音楽を、これでもかってくらい
餃子の皮くらいビヨンビヨンに引き延ばしても
まだ足りないくらいペラペラの音。
あれがバスの中では大音量で流れ続けるもんだから、、、はぁ。

もう限界だー。大音量で好きな音楽が聞きたい。
聞きたい。聞きたい。聞きたいんだー。
もう日本に帰るまでなんて待てん。

ってことで、12/29, 30 ,31にタスマニアで開催される
Falls Music & Art Festivalに行くことに決定!!!!

699879_thumbnail_280_Arctic_Monkeys_Arj_Barker_Easy_Star_All_Stars_Fleet_Foxes_Tim_Finn_The_Jezabels_The_Falls_Music_l.v1.jpg


主演アーティスト
ARCTIC MONKEYS
CSS
FLEET FOXES
J MASCIS
JOHN BUTLER TRIO
METRONOMY
THE KOOKS

などの世界的に有名なとこから
オーストラリアのアーティストもたくさん。
THE ZEZABELS
ってバンドが最近ちょっと気になってるんだよね。


タスマニアの自然と海と音楽に囲まれて3日間キャンプ
ニューイヤーカウントダウンも音楽とお酒と自然と共に!

gal-vibe-por-0005.jpg


gal-vibe-0030.jpg



そんなこんなでサモアが日付変更線をまたぐ瞬間をサモアで味わえないわけです。


ま、いっか。


The International Date Line [サモア]

だいぶ前に決まった話だけど。


サモアは日付変更線のもっとも西側にある国。

世界で最も遅い時刻を使っていて、

世界で最後のサンセットを見れる国として有名だった。


それが、今年の年末に日付変更線をぴょんと飛び越えるんだと。

そんなんありか!?

12/29から12/30になるときに飛び越えるらしく、

つまりは24時間時間を早送りするってことなので、

12/30が消滅して、一気に12/31になるのだ。

なんとも奇妙な現象がサモアでは起きるのね。


サモアの思惑としては、ニュージーランドと時間帯を合わせたいのだと思う。

というのも、ニュージーランドとかなり密接に外交関係があるのだけど、

時差が20数時間もあるからそりゃ色々大変だよね。

で、なら飛び越えちまえ!ってなったのかな。


これでサモアでは世界最後のサンセットが見れなくなってしまうのね。

なんの価値もない夕日だぜこれじゃぁ。

じゃぁサンライズは世界最初か?ってなるけど、

日付変更線って変に曲がってて、最も東側にあるのはサモアではないのね。

なので世界最初でもない。うーん、取り柄がなくなるな。

去年の年末に夕日見ておいてよかったー。


日付変更線飛び越えるなんて、もう今後起きないかもしれないから

かなり歴史的イベントだとは思うんだよなぁ。

12/29-30にサモアにいると、タイムスリップを味わえるよみんな。

でもそのときおれは旅行中でサモアにいないから味わえない!!!



ま、いっか。


ビール飲んでるんだ [サモア]

とあるサモア人に車を乗せてもらっていた時のこと。

そのサモア人はバイリマビールのビンを片手に運転してるわけです。

『うーん、飲酒運転してんなこのおっさん

と思いながらも、そこまで酔っ払っていないし、

休日でバスもないし、まあしょうがないだろと乗っていたんです。


道中一人のサモア人が道端にいてちょっと止まってくれといった素振りをしていました。

車を止めて運転手が何かその男とぺらぺらと話して、

ビール瓶を見せて、「今飲んでるんだ」「はははー」みたいな感じなやりとりをしてました。


後で運転手が言うことには

「あいつは友達なんだけどさ、警官やってるんだ。」


だってさ。


おいっ。警官っ。いいんかい。

なんだかなぁ、サモア人は。


んま日本も飲酒運転を厳しく取り締まりだしたのもここ10数年だし、

サモアの飲酒運転規制はこれからということでしょう。



104km駅伝 [サモア]

サモアで104km駅伝大会に参加してきましたー。

6人1グループで走って、サモアのメインの島ウポル等を半周するというもの。

総距離104km。大体一区間4~6kmを代わる代わる走り、

一人トータル4回持ち回りで走る、駅伝方式。

全部で十数チームが参加。ほぼ全部外国人チーム。

サモア人長距離走嫌いですからね。

僕はサモア在住日本人チームの一員として参加。

日本人チームは2チーム登録してて、

1チームは男女混合完走目標チーム。

もう1チームは男性のみ優勝目標チーム。

僕は優勝目標チームのメンバーです。

R0014341_R.JPG


R0014338_R.JPG



一人頭トータル18km程度なのでハーフマラソンを走るようなものなのだけど、

4~6kmを毎回かなり本気で走るから筋肉疲労度が半端ない。

毎走りすべて出し尽くして息切らして走ります。

幸い作業療法士の隊員がいたので、走り終わる度にすぐにマッサージをしてもらって

次走る筋肉に戻してもらうという繰り返し。

僕のチームは朝の5時くらいからスタートし、もう片方のチームは朝1時くらいにスタート!!!



あれやこれやありましたが、無事両チームとも歩くことなく完走!

んで僕らのチームは8時間1分で、優勝!!!!????

話すとややこしいんだけど、事前に申請した予想到着時間を大幅に上回り過ぎて

失格になりました。。。なんだそりゃ。。。。

てことで優勝はしなかったんだけど、今大会レコードを叩きだしました!

なので、肩書は優勝ではないけど、賞金はがっつりゲット!

600タラ。新米の月給くらい!!!

IMGP2443_R.JPG



数年ぶりというくらい、本気でマラソンしたよ。

つらいけど気持ちいい。苦しいけど達成感というマゾヒズムの骨頂をみた!

本気でみんなで何かに向かうって最高ね。

来年は優勝と賞金と大会記録すべてをかっさらっていくぜ!


IMGP2465_R.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。