So-net無料ブログ作成

世界 [サモア]

忙しい時に限ってなぜか本が読みたくなる。

忙しい時に限って無性にギターが弾きたくなる。

忙しい時に限って一時間もジョギングしに行ってしまう。

忙しい時に限ってブログが書きたくなる。


ってことで、やることは山盛りなんだけど、ブログ書いてしまえ。



サモアに来て、特に今の村に住みついて生活に余裕ができてきてから

よく思うようになったことがある。

日本にいたときはほとんどこんなこと思わなかったのに、

今では毎日のように感じる。

そう、「世界は本当は美しいんだ」って。



なに言ってるんだって感じもするんだけど、

そう感じるもんは感じるんだよね。

サモアは海が蛍光色やクリームの青色をしていて

とんでもなく綺麗だし、日本にいたらそんな海をとても美しいと思うんだろうけど、

それを美しいと思うのとはまた別の美しさを感じるんだわ。


僕が感じている美しさって、たぶん写真集にもなれないし、

レンズを通したら消えてしまうような美しさだと思う。



例えば、朝早く起きてまだ微睡んでいる時間に、僕の家の前の海を見る。

海にはうっすら湯気がたつように霞かかっている。その霞と対岸の景色が溶け合って

視界全体を淡い色でいっぱいになる。

002_R.JPG




例えば夕暮れ前の時間、太陽の光が赤みを帯びてきて世界が暖色に包まれてくる。

村をジョギングしていると、目前に広がる山々や海がそんな暖かい色に包まれて

うっすらとしてきて、空には赤や青や黄や様々な色が混じり合っている。

IMG_3865_R.JPG




例えば夜が更けた時間に、月を見てみる。

次の光が海に反射してキラキラと輝いている。

月がこんなにも明るいことを知る。

036_R.JPG




人工的な光や色がない世界で、

本当の世界を知った気がした。



きっとこれはサモアの時間を生きているからこそ気付けたことなのかもしれないなとも思う。

東京の朝だって夕方だってそれはそれできれいかもしれないけど、

それに気付けないほど違うことに頭が囚われてしまっていたような。


とにかく世界は特別な場所に行かなくたって美しいんだ。



アメリカンサモア インフラ編 [サモア]

アメリカンサモアの道路を車で走っていて気付いたことに

アスファルトがサモアとは比べ物にならないほどきれいに舗装されていることだ。

バスに乗っていても、全然お尻が痛くならない。

サモアの道はほとんどがボコボコと沈没してしまっていたり、

アスファルトが剥げてしまっていたりしている。

バスの硬い椅子と振動でお尻が痛くなる。

道路に限らずアメリカンサモアはインフラが非常に整っているといった印象をうけた。

例えばマクドナルドでFreeのWiFiが飛んでいたり、

自動車もボコボコになっていないし、

ショッピングモールもあれば、コストコのような巨大スーパーもある。

そう、アメリカ領なだけにアメリカナイズされた文化がここのサモア人の間に浸透してい

るのだ。

街を歩いていても、ジュースやタバコをくれと言ってこない。

ダボダボの服とバッシュを履いた若者がたくさんいる。

ショッピングモールで買い物をして、食事をしている。

みなとてもマナーがよい。


でも代わりに、街でサモア人とすれ違っても全然「こんにちは」と声をかけてこない。


サモアですれ違うたびこんにちはと声をかけられているだけに、

とても寂しさを覚えた。人々の繋がりも心なしか希薄になっているような

そんな気がした。

元々はサモアとアメリカンサモアは同じ国で、同じ文化を持っていたはずだ。

しかし、発展の違いによって、アメリカンサモアでは大切なものが失われてしまったよう

な気がする。

これはどの発展した国にもいえる問題で、

発展と引き換えに、その国の伝統的な文化が失われていく。

こんな小さな国でもそれは起きてしまったのだなと。

国際協力をする上でとても難しい問題だ。

国の発展を助けるべく協力をするけれども、単に先進国の考えを押し付けて

その国の文化を無視してしまえば、その国のよき伝統文化が失われかねない。

サモアの誰とでも気さくに話し、人々がおせっかいなくらい助け合って生きる

この文化はなくならないでほしいな。



世界から元気を届けるメッセージ [世界から元気を届けるメッセージプロジェクト]

肝心のブログで告知するの忘れてた!



以前記事に挙げていた、

「世界中から元気を届けるメッセージプロジェクト」

という活動についてです。


世界中にいる青年海外協力隊でこの活動に賛同してくれた有志によって、

各国の人々から日本を元気付けるメッセージをもらい、

その人とメッセージを写真におさめて日本へ送るといった内容のものです。

この活動が本格的に公開されています。

メインURL
http://www.worldmessage.jp/

Tiwitter
http://www.twitter.com/world_message

Youtube
http://www.youtube.com/watch?v=NzG8EdzKIKU


現在およそ50ヵ国、1000枚を優に超えるメッセージが集まっています。


以下はサモアでもらったメッセージ達の一部です。
(下2枚は僕の同僚です)


P3302636_R.JPG
日本の多くの方々が災害にあわれた事を残念に思います。
美しい町とあなたたちの夢が一刻も早く元に戻りますように。
神の祝福を。




034_R.JPG
日本は私たちの心の中にいます。
サモアの人々はあなた達のために祈っています。
あなた達を心配しています。いつでも愛しています。




IMG_3484_R.JPG
どれほど深い悲しみでも神は救って下さいます。
私たちはあなた達のために祈っています。



是非みなさん一度サイトに訪れてメッセージ達を見て下さい。

もしも被災地で頑張っている知人がいたら、その方にこのメッセージを知らせて下さい。

きっと少なからず元気と涙が出ます。



今までにTokyo Graffiti 5/25発売号でも4ページに渡り掲載して頂きました。

日本各地のイベントや避難所でもポスターなりムービーの上映をして頂いています。

今現在、千葉そごうで写真を展示して頂いています。
展示日時:2011年6月28日(火)~7月4日(日) 10:00~20:00(最終日16:00まで)
展示場所:そごう千葉店 地階 そごうギャラリー(連絡通路)

是非足をお運び下さい。

今後も様々な場所で届けられたらと一同努力しています。

もしもこの写真を被災者へ直接届けたり、誌面等に掲載して頂けるつてがある方は

僕まで知らせてもらえると大変助かります。



世界の人々は温かいのです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。