So-net無料ブログ作成

協力隊で被災者に向けて何かしたい [雑感]

今、世界中の青年海外協力隊員が力を合わせて被災者に向けて
何かしようと動いています。

今進められている活動は

プロジェクト名:メッセージプロジェクト
目的:被災地の方々を海外からのメッセージで励ましたい
方法:写真付きのメッセージを被災地に届ける

といったものです。
まず、世界各国の現地の人に日本に対してメッセージカードを書いてもらいます。
そしてメッセージカードと共に、メッセージを書いてくれた人の顔と一緒に写真をとります。
大勢の人のメッセージ付写真を、最終的に世界中から集結して被災者に届けようというものです。

それらメッセージの配信方法やら、最終的なまとめ方などは
まだ話し合いがされている最中ですが、
早く形にして、震災後の混乱がおさまるころであろう、1、2ヶ月後には
配信フェーズに入ろうと計画されています。
Web配信になるとは思います。


世界各国に隊員が点在している協力隊だからこそできることではないかな。

世界中の隊員が、気持ちを込めていいものを作ろうとしています。
なんとか、被災者に何かしたい。そんな気持ちです。


隊員の方で手伝ってもらえる人は僕まで連絡下さい。

日本にいる方には配信時に情報拡散をお願いすると思います。
そのときはどうぞよろしくお願いします。


たくさんの人が一つに向かったときのパワーは計り知れないはず!
僕もがんばります。


UNICEF [雑感]

ユニセフも東日本大震災緊急募金を始めていますね。

http://www.unicef.or.jp/fw/fw360.html




今日放課後に近所の小学生の女の子が、
「やす日本に帰るの?」と心配そうに僕の家を訪ねて来てくれた。

こんな小さな子まで日本を心配してくれてるんだね!


おれもくよくよしてる場合じゃない。がんばらないと!
それにおれがもし日本にいる側なら、こんなもんふざけんな、どーにかしてやるくらいに思っているはず。



サンドイッチマン伊達のブログがとても心熱くなります。



義援金 [雑感]

様々なサイトで義援金の募集がされてますね。
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin

サモアから直接お金を送ることはできないので、
クレジット決済できる赤十字に募金しました。


僕ら協力隊の隊員はJICAから生活費を月数万円もらっています。
このお金の出どころは大部分が国の税金でしょう。
お金を稼ぐためにボランティア活動をしているわけではないので、
余ったお金は自分の貯金にするつもりもないし、
旅行費に当てようとかそんくらいにしか考えてなかった。

僕の場合、無駄使いしなければこの生活費がかなり余ります。
だから余った税金を返して、被災者の支援、復興に当てられればという気持ちで募金しました。

完全な復興には相当なお金がかかると思われるし、
これからもかなり長期スパンで復興がなされるはず。
しばらくの間は、余った生活費の中から定期的に募金をしていこうと思っています。


これを読んでる協力隊の皆さん、ちょっと節約生活して、
残った生活費から募金してはどうです?


憂国 [雑感]

皆さん無事ですか?

海外から見る日本の惨状はなんだか異様です。
とても自国で起きたとは信じがたい。

毎日更新されていく被害状況を見る度に心が苦しくなります。

ただただ一人でも被害が少ないように、2次災害がないように、
早い復旧がなされますようにと祈ることしかできません。
日本の被災地以外の人も同じ気持ちでしょう。


サモアでは地震当日、隊員間に緊急連絡網が入りました。
日本で大地震発生、津波がサモアにもくるかもしれない。
テレビ、ラジオでは一晩中日本のニュースでもちきり。
サイレンカーが村を駆け抜けていき、村中の鐘が鳴らされていました。

サモアでも2009年9月29日に大地震津波で大きな被害があったので、
津波にはとてもナイーブになっています。

世界中の隊員や友人と連絡を取って感じたことは
世界中の人々が日本のことを心配しています。

サモアでもみな僕に大丈夫か大丈夫かと声をかけてきます。
こういった声が被災者まで届かないのが悲しいです。

日本がんばれ!

レベルアップ [サモア]

ヤシの木が一本あれば人間が一人生きられると言う。

確かにヤシの木からサモア人は本当に色々なものを作る。


テレレレレッテッテー。
ヤスヒロはレベルが3に上がった。
ヤスヒロはカゴの作り方を覚えた。


てな感じで今日、学校の雑務をしている兄ちゃんに教わって、

ヤシの葉っぱからカゴが編めるようになりました!


001_R.JPG


これおれが編んだやつ。

ヤシの葉ひとつをひたすら三つ編みののように編み込んでいって

こんなカゴができちゃうんだね。



もうこれでどこでも手ぶらで行けちゃうぜ。バックは現地調達。

サモアにはちょっと昔はバックパックやらハンドバックはなくて、
サモア人全員この編み込んだバックで学校行くなり、買い物なりをしていたんだと。


ちなみに教えてくれた兄ちゃん、すげーいいやつ!すげー謙虚!すげー働き者!

004_R.JPG

大好きです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。