So-net無料ブログ作成
検索選択

Father's Day [サモア]



ここサモアでは昨日は父の日

日本では父が感謝されてプレゼントを貰える日だけど

サモアでは父の日は男性陣が皆頑張る日なのだ。

母の日と同様なのね。主役が頑張るっていう。



それで男性陣が日曜の教会ダンスと劇を披露します。

各村ごとにグループを作って数日前から夜な夜な

日曜に向けて練習をするのだ。かなりいい年のおっちゃんも一緒になって。

劇は聖書の一角を演じます。

僕の住んでるところは何人もの牧師さんのファミリーが集まっている敷地内なので、

その牧師達のファミリーの男性陣でグループを組んでいます。

それでもって今年はおれもそのグループに入って一緒に踊ることに!

しかも劇でセリフ付!

セリフはとても短くて、一言サモア語で言うだけ。

「レーアイ、レフティタウイ。」

異国の村で異国の言葉で人前で演じるのはやっぱ恥ずかしいものでね(笑)

みんなおれに面白半分にセリフ言わせてる感満載だったけど、

でもいいでしょう。やってやりましょうじゃないか。




んで本番。みんなで振付を合わせて踊って、劇のパートに。

皆が聖書の中の人々を演じていく。

おれのセリフの番、大声で演じます。

きっと、日本で外国人が日本文化に入り込んで日本語話すときの

奇妙な違和感、吉本のチャドとかガキの使いに出てくる外国人とか

それに近いのかな。

おれがセリフを言ったら教会にとどよめきと笑いが。。。

その後は、おれの周りのサモア人、子供から大人まで

「レーアイ、レフティタウイ。」の連発。

ちょっとイラってくるくらい連発。

おれが何かする度に

「レーアイレフティタウイ。」

そんでサモア人特有のヒーヒィっていう笑い。

まぁみんなを喜ばせられたからいっか。


IMG_3476_R.JPG


IMG_3497_R.JPG


IMG_3486_R.JPG




とにかく村のコミュニティに入ってみなと一緒にイベントをするのは

これがきっと最後。とてもよい最後のイベントだったな。

サモア人はとても温かくて、外国人が村で何かするのも寛容に受け入れてくれる。

外国人のくせにってのがあまり感じられない。

どうもありがとう!



あぁしかし自分のグループの写真が撮れなかったのが残念。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。